資格取得の備忘録

使用した本・サイト・気づきなどを書いていきます。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

平成29年度第二種電気工事士上期技能試験 新合格基準、合格率について思う所

 合格基準が変更された最初の試験の結果発表がありました。
(従来は重大欠陥、軽欠陥という欠陥があり、軽欠陥二つまでは合格となっていたのですが、今回の試験から欠陥がないものが合格という合格基準に変更されました。)

続きを読む

丙種化学(液化石油ガス) 免状到着

表題の通り免状が届きました。

一区切りついたと実感が湧いてきます。

でも、いかんせん免状がショボすぎる。

1月12日に簡易書留で郵送し、試験センターは16日受け取りになっていました。

試験センターからは2月1日発送で、2月2日に届きました。

約2週間で届きました。早いほう?

 

丙種化学(液化石油ガス)合格発表

平成29年1月5日にwebで合格発表があり、合格していました。

1月7日に封書で合格通知と免状申請書が一体となった書類が届きました。

 

続きを読む

高圧ガス製造保安責任者試験の公表問題を解いてみた

 平成28年度 高圧ガス製造保安責任者試験等の試験問題(2016/11/21)が公表されたので、試しに乙種機械と丙種化学(特別試験科目)を解いてみた。

試験問題を期間限定で公開中

高圧ガス保安協会:国家試験の正解答と合格者番号等

 両試験とも、法令は少し余裕を残して合格、保安管理はギリギリ合格、次やったらどうなるか分からん、学識は不合格。結果両方とも不合格。そう簡単に上手くはいきませんね。

 法令は乙種機械と丙種化学(特別)との難易度の差はあんまり感じませんでした。

類似した問題が多く、丙種(液石)では出題されなかったコンビナート等保安規則からの問題もあるっぽい。

乙種機械は今回の問題の難易度だったら、なんとかなるかもしれんという手ごたえを感じた。

 丙種化学(特別試験科目)のための勉強はしていないので、(液石)と(特別)の難易度は正しく計れないですが、試験の問題を解いた感じだと(特別)のほうが難しいのかなといった印象。合格点に届かなかったので余計にそう思うのかもしれない。(液石)(特別)の学識のどちらを難しいかと感じるかによるところが大きいけと思うけど、この試験問題をたった一回やった感想は(特別)は学識は広く浅くで覚えるのが大変そう。

 

丙種化学(液化石油ガス) 法令 学習

この記事は勉強で使用した本と法令の重要と思われる点の紹介です。

法令の勉強に際して特別なことをしてるわけではありません。

ただただ暗記しているだけです。

使用した本を知りたい方はもう少し読み進めて下さい。

法令の勉強法は過去問をやるしかないと思います。

続きを読む

丙種化学(液化石油ガス) 受験

◇試験会場の様子・試験の進行

先の記事にも書いてますが、平成28年11月13日に丙種化学(液化石油ガス)を受験しました。電工の技能試験と違ってトイレ退出できるので一安心ですw

 受験者はおじさんが多かったですが、教室には1割弱くらいは女性がいたかもしれない。技術系の試験でこんなに女性を見かけたのは初めて。

 試験開始から30分経過すると途中退席できるのですが、かなりの人が30分経つと退席していました。私はまだ問題を全部解いてません。会社の命令で仕方なく受験した人達なのかなーと思っています。

続きを読む

丙種化学(液化石油ガス)学習

丙種化学(液化石油ガス)を受験するにあたって情報収集していて見つけたブログ

かなろぐ━active━】さんを参考にさせてもらいました。そのブログの中で使用テキストを紹介していたので、そのテキストを購入することに決めました。

市販の参考書もあるのですが、二種冷凍機械で懲りたので公式のテキストを購入することにしました。

続きを読む