読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資格取得の備忘録

使用した本・サイト・気づきなどを書いていきます。記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

丙種化学(液化石油ガス)正解番号確認

丙種化学(液石) 資格試験 高圧ガス

 平成28年11月13日(日)に丙種化学(液化石油ガス)を受験しました。

翌日14日にwebで正解番号の公表があり、正解番号を確認しました。

法令20/20 保安19/20 学識20/20 で合格見込みです。

今回はここまで、また別記事で追記します。

 

☆関連記事

丙種化学(液化石油ガス) - 資格取得の備忘録

第二種電気工事士 技能試験 作業方法紹介

第二種電気工事士 資格試験

この記事は独学で練習していて行き詰って、事態を打破するきっかけになることを目的として書きます。私もこれらの作業が早く上手にできずに困った箇所です。

※注意点

・素人解説なので間違っているかもしれません。

・紹介している作業方法が最善最良の物とは限りません。

・紹介している方法を強制するわけではありません。

・露出形コンセントは試験には出なかったので、もしかしたら間違ってるかもしれません。技能の参考書の写真と同じような外観になっているので、大丈夫だと思うのですが。

免責事項をご覧頂ければと思います。

 

繰り返しになりますが、最終的に自分に合う方法を見つけ出す手助けになればと思っています。却って泥沼にはまらなければいいのですが・・・

 

輪作りはホーザンのP-958を使用しています。

HOZAN(ホーザン) VVFストリッパー P-958

 

◇輪作り

f:id:licenseexam:20160727002434p:plain

初めに謝っておきます、写真と絵がショボクて申し訳ないです。

左側の手書きの図の左の絵、中央の写真のように横から見るような形で輪を作るより

左側の手書きの図の右の絵、右の写真のように円を上から見るような形で、(作業をしていると輪をのぞき込むような状態に自然となると思います。)輪を作ると真円になり、輪の大きさも安定するような気がします。(この写真ではあまりうまく角度が表現できていません)

 

上の動画の方法で輪作りする時、手首はバイクのアクセルを開けるような、手首をひねる動きになると思います。

 

◇ランプレセプタクルへの結線

f:id:licenseexam:20160727005642p:plain

左の写真の赤矢印の辺り(絶縁被覆の中央)で曲げてランプレセプタクルの受け金ネジ部に沿うような円弧を作ります。右側の写真が曲げた写真。

 

◇露出形コンセントへの結線

使用している露出形コンセントは、東芝ライテック㈱製DC1121(W)です。

DC1121(W) | 商品データベース(商品情報検索) | 東芝ライテック(株)

f:id:licenseexam:20160727082132p:plain

左側の写真の赤線(分かりずらいかもしれませんが)の部分に線を押し当て折り曲げます。

ケーブルは絶縁被覆を10mm残した状態です。

中央の写真の赤矢印の部分は、シースと露出形コンセントの台座がほぼ面一(シースが台座と同じ位置(高さ)になっている)になっています。

ネジ穴と輪が合うように、左側の写真の赤線の部分に線を押し当て折り曲げます。

又は、絶縁被覆の半分より少し下の部分を折り曲げる(中央の写真で分かると思います)という感じでもいいと思います。

右側写真は折り曲げ後、反対側も同様に作業します。

下の写真は結線後

f:id:licenseexam:20160727082133p:plain

メーカーが違えば形状が異なり上述の様に作業できないかもしれませんが、おそらくそんなに変わらず作業できるのではないかと思います。(てきとう

 

◇リングスリーブ圧着接続

根元の部分から一本の線になるようなイメージで線をまとめると、線を束ね易いと思います。

合格クリップを使用しています。

ホーザン 合格クリップ P-926

 

f:id:licenseexam:20160727100709j:plain

 

 ☆関連記事

第二種電気工事士 技能試験 練習材料選定 - 資格取得の備忘録

第二種電気工事士 技能試験 練習 - 資格取得の備忘録

第二種電気工事士 技能試験 練習 追記 - 資格取得の備忘録

第二種電気工事士 上期 技能試験 受験 - 資格取得の備忘録

 

 

licenseexam.hatenablog.com

 

第二種電気工事士 技能試験 練習 追記

第二種電気工事士 資格試験

器具先付けで作業しています。準備万端ではミスが少ないということで器具先付けを推奨しています。(準備万端ついてくるDVDの上巻、2枚目の作業時短伝授のDVDのchapter『各器具パーツの作り方の順番』の中で解説していました。)

ですが、先にケーブルを指定されてた寸法で切断する方が早く課題を完成させることができるようです。

youtube第二種電気工事士の技能試験対策向けの動画がけっこう投稿されてますが、最終的によく見るようになった動画は、ホーザン株式会社さんと電気工事士奪取プロジェクトというチャンネルを運営しているオンデマンド今井さんの動画をよく参考にしていました。最終的にオンデマンド今井方式で作業するようにしました。細かい部分で違ったりします。

 

 HOZANTOOL - YouTube ホーザン株式会社さんのチャンネル

 電気工事士技能試験 時間短縮の練習 -新入社員作業編- - YouTube

  P-958の使い方説明 P-958を初めて使う人は必見

 電気工事士技能試験 【単位作業】 - YouTube

  単位作業、欠陥などの説明

 圧着工具の強制解除 P-737 - YouTube

 不測の事態に備えて動画を見るくらいはしておいた方がいいかも

 

電気工事士奪取プロジェクト - YouTube オンデマンド今井さんのチャンネル

 公表問題を説明しながら作成し、その過程すべてを撮影した動画

 

本はオーム社2016年版 第二種電気工事士技能試験 公表問題の合格解答を購入しました。いい動画があるので、これは買わなくてもよかったかな。

立ち読みという手も(;´・ω・)

2016年版 第二種電気工事士技能試験 公表問題の合格解答

2016年版 第二種電気工事士技能試験 公表問題の合格解答

 

◎重大な欠陥と軽微な欠陥

どのような場合が欠陥になるのか上で紹介しているホーザンさんの動画や参考書で確認する。第三者の厳しい目でチェックしてもらうことができればいいのですが。

 

◎作業時間短縮

40分以内に課題を完成させなければ不合格となります。

時間短縮の方法として、当たり前のことばかりだけど作業をなくす、加工に掛かる時間を短くする。

・加工の中では大きな割合を占める輪作りを早くできるようになる。

・複線図を書くのを止める。(二つ想定問題を作って慣れました。仮接続するための器具がひつようになるかもしれません。)

以下は実践したことはないけど、

・電線の先切り(最初に電線を必要な長さで切断する)

・手尺で寸法どり(指の長さを使って寸法どり)

第二種電気工事士技能「電線の剥ぎ取り」

 リンクしたHPのページの最後の方に【メジャーに頼らず手だけを好かって寸法どりをする】という項目があります。そのページの上に【手尺の測り方はこちらで紹介】というリンクがあります。それがこの下のリンクです。

第二種電気工事士技能試験裏ワザ 手尺の活用という項目があります。

手尺でググったらヒットしました。

手尺をはかろう♪

 

◎練習中の失敗

・リングスリーブの圧着時ダイス選択ミスによる刻印間違い

 刻印ミスが二回ありました。

 「小」から「○」は圧着のやり直しができるので、一回やってみました。

 「小」の刻印の上から「○」を刻印を押すように工具をあてがって圧着すると、

 「小」の刻印は消えて、「○」の刻印になっていました。

 工具の凸の部分をリングスリーブが凹んだ部分に合わせれば、刻印の位置は必然的に合います。思ったより簡単にできると思います。

 一度試しにやっておくといいでしょう。自信になるはずです。

・リングスリーブ圧着接続する線の間違い

 本来接続しなければならない線を接続し忘れてました。

 リングスリーブで圧着していたので心線を切断して、再度圧着接続しました。

 IV線が短くなるので作業しづらくなり、結構時間がかかりました。

 試しに一回はやっておくとよいでしょう。

・切断・ストリップ寸法ミス

 練習し初めのころ、ストリップしなければならないのに電線を切断したことがありました。ストリップの長さも間違えたことがありました。

 普段は先に端子台と結線して反対側を加工するのですが、その時は加工順序を変えていてストリップの長さを間違えました。

間違って切断したときは、本当にサッーと血の気が引きました。本当に練習で良かったと思いました。

切断・ストリップするときは頭の中で確認するようにし、普段と違うことはしないようにしました。

練習中に失敗するのはいいことだと思います。ミスの原因を考え対策を講じて、本番でミスしないようにしましょう。

 

◎合格クリップについて

合格クリップを使用する場合は、取り外すことをしっかり習慣づける。

取り忘れて、不合格クリップにならないように。

 リングスリーブ圧着接続前に仮接続して間違っていないか再確認するとき、3本以上の線をリングスリーブで圧着接続するのに非常に重宝しました。これがなければ圧着接続にもっと時間がかかっていたでしょう。

使い始めの頃は合格クリップを取り外すのをよく忘れていたので、リングスリーブ圧着接続の工程は習慣になるように何度も練習しました。圧着した後のリングスリーブの先端の心線切断もよく忘れていたのでついでに

①合格クリップで線をまとめる ②リングスリーブで圧着 ③合格クリップ取り外し ④リングスリーブの先端の心線を切断

この一連の工程を繰り返し練習しました。②④の工程はエアーでやりました。

 

◎差込型コネクタからIV線を引き抜く方法

差込型コネクタからIV線を抜く時、コネクタをひねりながら引っ張ると抜けるらしいけど、2、30回ひねりながら引っ張ってもなかなか抜けませんでした。

コネクタを180度回転させるつもりで大きくひねりながら引っ張ると比較的簡単に抜けるようになりました。(差込型コネクタはニチフ製)なかなか抜けない時に試してみて下さい。

 第二種電気工事士 技能試験 作業方法紹介 - 資格取得の備忘録

☆関連記事

第二種電気工事士 技能試験 練習材料選定 - 資格取得の備忘録

第二種電気工事士 技能試験 練習 - 資格取得の備忘録

第二種電気工事士 上期 技能試験 受験 - 資格取得の備忘録

 

licenseexam.hatenablog.com

 

 

 

第二種電気工事士 上期 技能試験 受験結果

第二種電気工事士 資格試験

平成28年7月25日(月)にwebで技能試験の問題、解答が公開されました。

課題の施工条件は想定問題と同じだったので、公開された解答に目新しいものはありませんでした。

 9月2日(金)にwebで合格の確認ができるようになりました。

そこに私の技能試験の受験番号があることを確認しました。

《入力した受験番号は合格者一覧にあります》と表示されました。

 

検索画面のスクリーンショット(一部加工済み)

必要な操作をすると①②③の順番で画面が表示されます。(③は合格時の表示)

①の画面では1.現在、閲覧できるのは下記の試験ですというラジオボタンの選択肢にチェックをし忘れないように。

技能試験の受験番号を入力して『検索』をクリックすると

②の画面へ、一瞬何が起こったのか分からなくなり、次に結果が分かるんじゃないのかと騙されたような気持ちになる。気が動転して『入力画面へ戻る』をクリックして①の画面へ戻ってしまう。最初からかよッ(三村)。

万難を排し、かん難辛苦を乗り越え②の画面の『はい』をクリックすると③の画面へ到達します。長い道のりだった。

 

       ①

f:id:licenseexam:20160905162255p:plain

 

       ②

f:id:licenseexam:20160905162256p:plain

        ③

f:id:licenseexam:20160905162257p:plain

9月5日に白い試験結果通知ハガキが届きました。

 

icenseexam.hatenablog.com

 

第二種電気工事士 上期 技能試験 受験

第二種電気工事士 資格試験

§試験の流れ、注意点と雑感

 2017年(平成29年)1月19日に一般財団法人電気技術者試験センターより電気工事士技能試験の概要と注意すべきポイントというPDFが公開されました。この中に試験の流れという項目があります、他の項目についても目を通しておかなければならないでしょう。ちなみに欠陥の判断基準も写真付きで説明しています。

私の当時の体験記を記していますが、私が受験した時とは条件などが変わってたりしてるかもしれません。

必ず試験会場の監督員の指示に従ってください。

以下は私の受験体験記などです。

 筆記試験のとき遅刻したので、入室時限の1時間前には到着するように計画しました。実際には試験会場に9時半ちょっと過ぎには到着しました。入室時限である10時55分まで1時間20分近くあります・・・。

試験会場にはすでに30人弱到着していました。入室は10時からということで、30分近く外で待ちました。複線図を書いて復習しているらしき人もいました。早く着きすぎるもの考え物ですね。でも遅刻するよりはいいか。技能試験は5分しか遅刻が認められません。

10時になり入室許可が出ました。入室の際に筆記試験の写真票に技能試験の受験番号を記入しているか聞いていました。席に着いて工具セット DK-18、P-958を気泡緩衝材で包んでいたので取り出し、時間になるまで準備万端についていた全13問候補問題という冊子で、複線図の確認、作業のイメージをしました。説明開始までに作業がやりやすい位置に工具を置いておくといいでしょう。説明開始以降はゴソゴソできるような雰囲気じゃないです。私は準備せず失敗でした。

 机の上の置かれている『試験開始前までにお読みください』というA4の印刷物に11時から11時30分の間は、手洗い等による途中退出はできませんとあり、さらに試験終了まで途中退出できませんともあります。なので11時から12時10分までの1時間10分退出できません。利尿作用のあるような飲み物(コーヒー、紅茶、緑茶など)は控えたほうがいいかもしれません。早めにトイレを済ませ55分を着席して迎えるようにしましょう。途中退室ができないというよりは、再入室ができないと私は思っています。

 10時55分定刻になり、監督員による試験の説明が始まり、受験者カード、試験問題用紙、材料が入った箱が配られます。指示があるまで問題用紙をめくったり、箱を開けたりしないように。

オーム社の2016年版の技能試験の本の194頁に箱の写真があります。箱の大きさは材料に違ってくるでしょうが今回の試験もこれと同じ色の箱でした。195頁に箱の中の写真。ケーブル、材料が収納されている様子が分かります。

2016年版 第二種電気工事士技能試験 公表問題の合格解答

2016年版 第二種電気工事士技能試験 公表問題の合格解答

 

問題用紙の表に支給される材料が書いてあるので、ここで出題される問題が分かるかもしれません、もしくはある程度見当がつくかもしれません。問題用紙の表側の裏に単線図が書いてあり、透けて見えてます。材料とこの透けて見える単線図で、どの問題が出題されるか確定できるかもしれません。私は公表問題の№1でした。受験者カードに名前を記入、(受験地も記入したかな?)受験番号をマークします。この時筆記用具(鉛筆)が必要です、持ってきてない人が何名かいましたが、監督員が貸してました。受験票に持参するように記載してあったのですがねー。

 11時20分くらいに説明は終わり、4分くらい時間があまり、24分に6分間で材料の確認をするように言われました。ここで箱を初めて開けます。私はまだ材料を確認中だったのですが、定刻の30分になり『開始してください』と合図がありました。

私が確認作業をもたついたのは、板紙?にケーブルがゴムで固定されていて(上の方で紹介しているオーム社の技能本の195頁の上段の写真)、そこからケーブルを取り出すのに手間取っていました。ハサミなどでゴムを切断すればいいのですが、作業していると思われるのが嫌で道具を使わずに引っ張り出してたら時間がかかってしまいました。どうやら道具を使ってもいいようですね。

問題用紙の《試験中の材料等支給》に「ただし、その他の材料(電線、器具等)は追加支給をしませんので、注意してください。」とあり、材料確認が試験時間にずれ込んで試験中に材料不足・欠陥を訴えても認められないかもしれないですね。なので時間内に支給材料の確認を終えるようにしたほうがよさそうです。

「ランプレセプタクル用端子ねじ、リングスリーブ及び差込形コネクタは、作業のやり直し等により不足が生じた場合、申し出(挙手をする)があれば追加支給します。」とありおかわりし放題です。

 想定問題と施工条件が違う場合もあるようなので、施工条件はしっかり確認しましょう。

 試験中にガッチャンガッチャンというけっこう大きい音が聞こえてきて、これが本職が使うケーブルストリパーで、ガッチャンストリッパーと呼ばれるのも納得。

 32分で課題は完成しました。試験が始まっても材料確認をやってたし、材料確認が終わってから布尺を机に養生テープで固定したりで試験時間に余計なことやってたから、これらがなければもしかすると30分丁度くらいに作業は終わらせることができたかもしれない。

 完成した作品を問題がないかチェックしているとエコケーブルのシースがスゲーずれていて、シースが抜けそうな状態だったので直しました。それ以外は問題はなさそうだったので完了としました。受験番号札(荷札のようなもの)を作品に取り付けました。試験開始から37分経過してました。

試験が終わり周りを見渡してみると、接続している電線がグニャグニャになってたり、

カールしてたり、屹立させてたり、器具がえらい宙に浮いてる人などがいました。

自分の作品はオーム社の本に近い外観に仕上がったと思っています。

席の一列ごとに退室していたので、退室するまで時間がかかりました

何はともあれ合格していると手ごたえを感じて終えることができよかった。

でも、帰宅途中にエコケーブルと施工省略部分のケーブルを間違えて接続していないか不安になってきました。長さが同じだからなー。シースの感触が違うので間違ってはいないと思うけど、電源部分のエコケーブルに印をつけておけばよかったと後悔。

あとは合格発表を待つのみ。

 

◎技能試験受験票に記載されている試験当日持参する物の他に持参した物

赤マジック(作業方法がオンデマンド今井式なので)

養生テープ(ホーザンの尺布を机に固定するため)

ニッパー(ゴムブッシングの穴開け用)

巻尺(2m)(材料確認の際の電線の長さの確認用。受験票にスケールと書いてますが)

腕時計(受験した部屋には時計はありませんでした。受験票に時計と書いてますけど(;^ω^)

 

§上記の超要約、また配布された印刷物の一部内容

・必ず試験会場の監督員の指示に従う

・技能試験の受験票に書かれていることを熟読する。

 (筆記用具(鉛筆など)も忘れないように)

・10時から入室可能

・10時55分までに作業し易いように工具を配置し、トイレを済ませ着席

 12時10分までトイレであっても途中退室できません(たぶん

・施工条件は必ず確認する。想定問題と違う場合があるかもしれません。

 

○机の上に置かれていた印刷物(試験開始までにお読みください)より

【時間割り】

①受験上の注意について説明 10時55分

②受験者カードの配布と記入 11時00分

③材料の照合確認の開始   11時23分~11時29分

④技能試験の開始      11時30分

⑤技能試験の終了      12時10分

 ※試験終了まで途中退室できません

【注意事項】のほんの一部

3.11時00分から11時30分の間は、手洗い等による途中退出はできません。

 

☆関連記事

第二種電気工事士 技能試験 練習材料選定 - 資格取得の備忘録

第二種電気工事士 技能試験 練習 - 資格取得の備忘録

第二種電気工事士 技能試験 練習 追記 - 資格取得の備忘録

第二種電気工事士 技能試験 作業方法紹介 - 資格取得の備忘録

 

 

licenseexam.hatenablog.com

 

 

第二種電気工事士 技能試験 練習

第二種電気工事士 資格試験

「最初の練習用電線セット」を使って、シース、絶縁被覆ストリップ、切断をホーザンのP-958で何回かしました。

準備万端についてくる試験対策DVDを一度見て、「習うより慣れろ」だと思い、№1の公表問題から始めました。

完成に99分もかかりました。しかも、欠陥あり。

90cmのケーブルが2本必要だったのに、1本しか準備していなかったトラブルがありましたが、こんなに時間がかかるのかとショックでした。ですが最初の練習なので仕方ないと思うようにしました。自分の実力が分かってよかったです。

 

◎想定問題(練習問題)をやる前にやらなければならいないこと

 ○器具に結線する時のシース(外装)、絶縁被覆をストリップする長さ覚える

 ○接続する時のシース(外装)、絶縁被覆をストリップする長さ覚える

 ○輪作りを早くできるようになる

先ずはこれらをしっかりできるようにならないと話にならないです。

ストリップする長さは、練習を重ねていくうちに覚えます。

YOUTUBEにホーザンがP-958の使用方法の動画上げてるので、それを見ておく。

 

2問目は60分かかりました。かなり時間を短縮できましたが、40分を超えてるのでまだまだです。

3問目は45分でできましたが、その後3問作りましたが、40分を切ることができませんでした。

なので、単位作業の時間を計り、どの作業で手間取ってるかを調べてみました。

いろんな作業で少しづつ時間が多めにかかっていますが、接続に要する時間が圧倒的に多かったです。リングスリーブ接続の時にケーブルをまとめるのに手間取っていました。接続時間短縮の為にリングスリーブ接続の時に役に立ちそうな合格クリップを購入することに決めました。合格クリップが到着するまでは、練習は中断。

ホーザン 合格クリップ P-926

 合格クリップを使用してみました。3本以上をリングスリーブで接続する時はすごく役に立ちます。ですが、思ったほど時間短縮はできず、13問最後まで40分を切ることはできませんでした。

2周目の途中でなんとか40分を切ることができるようになりましたが、これ以上の時間短縮は望めそうにありませんでした。

他に時間を短縮できそうなところといえば複線図です。複線図を使って作業をすることはほとんどなかったので、複線図を書くのを止めました。複線図を書くことを止めることで、単純に3~4分は時間が縮まります。これでコンスタントに40分を切ることができるようになりました。

  2周目の最初の方で指定寸法より5cm短くして練習してたので、3周目に突入することができました。3周目は5問くらいやりましたが、これ以上時間短縮は望めそうにないので、練習は止めました。ケーブルはあと2、3問できるくらい残りました。

試験日の前日は一番時間がかかる問題を1問することに決め、後は輪作りに時間を当てました。

一番時間がかかる問題は№7で、四路スイッチを使った問題です。

試験前日の練習で、完成に38分かかりました。ギリギリですが40分切ってるのでよしとします。

 いよいよ技能試験本番

 

☆関連記事

第二種電気工事士 技能試験 練習材料選定 - 資格取得の備忘録

第二種電気工事士 技能試験 練習 追記 - 資格取得の備忘録

第二種電気工事士 技能試験 作業方法紹介 - 資格取得の備忘録

第二種電気工事士 上期 技能試験 受験 - 資格取得の備忘録

 

 

licenseexam.hatenablog.com

 

第二種電気工事士 技能試験 練習材料選定

第二種電気工事士 資格試験

 資格試験で実技が伴う試験は、運転免許以来久しぶりです。

 先の記事で書いたように6月6日の正答確認をして筆記試験は合格しているはずなので、工具・練習材料の選定に入りました。先ずamazonで検索しました。検索結果がたくさんで困りました(´-ω-`) 工具は『HOZAN(ホーザン) 電気工事士技能試験 工具セット DK-18』 を買うことに決めましたが、amazonが販売・発送を行ってる商品は売り切れになっていました。他の出品者のDK-18は高かったですが、仕方なくポチりました。次に練習材料をどれにするか、これも種類がたくさんあり悩みました。いくつかの商品がありますが『準備万端シリーズ』のamazonのページを見ていると、発売元が有限会社ジェイメディアネットとなっていて、googleで検索するとホームページがヒットしました。

有限会社ジェイメディアネット

サイトマップに《ご一緒に人気の工具セットはいかがですか?》という項目があり、それは工具と練習材料のセット販売をしている紹介ページでした。私が購入した時は、DK-18がセット販売価格で9,500円でした。Amazonでの購入はキャンセルして、こちらで購入することに決めました。

 練習材料は《準備万端シリーズの器具セットは一般的に出題傾向が高いといわれている器具メーカーを採用しているから、実際の試験に近い状態で練習できる。》と謳っていてかなり良さげです。パナソニック製のプレートはずしキーもありました。

  私が購入した時は、候補問題を練習する前の基本作業練習用に「最初の練習用電線セット」という物もついてきました。基本練習作業はシースや絶縁被覆を剥いたり、輪作りのことです。

 「最初の練習用電線セット」内訳

  VVF1.6-2C 0.3m×4本

  VVF2.0-3C 0.3m×1本

  VVR1.6-2C 0.3m×1本

  EM-EEF2.0-2C 0.3m×1本

 

次に、何回分を買うのか。

1回分:手先が器用な人。作業前にしっかり作業イメージができ、問題意識をもって作業できる人。経験者向け?

2回分:器用さは普通・ちょっと不器用な人向け?

3回分:不器用さに自信がある人。たくさん練習をして絶対の自信をつけたい人向け?

 

たぶん2周もすればできるだろうと、2回分を購入することにしました。

実際は指定された寸法より電線を短くして使用し、練習は2周と7問やりました。

ヤマト運輸で送られてきて、面倒臭いですが検品をしました。さすがにケーブルの長さまでは検品しませんでしたが・・・。検品の結果は届いた商品に異常はありませんでした。

各社返品期限・条件について規定があるでしょうから確認して、商品が到着したら煩わしいでしょうがすぐに検品をしたほうがいいでしょう。

 

◎商品レビュー

準備万端の器具は、謳い文句どおり技能試験に採用されている器具でした。

作業を解説したDVDが付いてきますが、途中から使用しなくなり、youtubeの動画を見るようになりました。

技能試験は公表問題の№1でした。

 技能試験で使われていた器具は、ランプレセプタクルは明工社、差込型コネクタはニチフでした。引掛けシーリング、スイッチはパナソニック、リングスリーブはニチフだったと思う。ケーブルは昭和電線だったらしいです。

 準備万端のケーブルはKAWAIと刻印があるのでカワイ電線で、電線は技能試験で使用されるものとは違うようです。ですが技能試験でVVFケーブルを加工しているとき違和感を感じませんでした。

技能試験で使用したエコケーブル(EM-EEF)のシース(外装)は絶縁被覆の上をツルツル滑りまくりでした。

 

他の練習用電材

工具のホーザン■DK-15 第二種電工試験練習用 線・器具セット

高級ブランドといった感じで、私には手が出せませんでした。

電気工事士セット 技能試験練習のための電線・器具などの材料セット|電池屋

この記事を書いていて見つけた商品、知っていればおそらくこれを買ったいたでしょう。いろいろおまけがついてきます。また工具と材料セットを同時に購入すれば、工具が割引になるようです。

電材のプロが選んだ第二種電気工事士技能(実技)練習セット 株式会社エミヤ

公表問題ごとにケーブルが切断されているようで、練習の準備の手間が省けそうです。

 

☆関連記事

第二種電気工事士 技能試験 練習 - 資格取得の備忘録

第二種電気工事士 技能試験 練習 追記 - 資格取得の備忘録

第二種電気工事士 技能試験 作業方法紹介 - 資格取得の備忘録

第二種電気工事士 上期 技能試験 受験 - 資格取得の備忘録

 

 

licenseexam.hatenablog.com